低血圧の原因を知ることが大切|健康への近道

自然

薬の副作用なども原因です

ウーマン

ホルモン異常も原因です

血圧が高めの人も多いですが、標準的な数値よりも血圧が低いことで悩んでいる方もおられます。これは体質的な要因で、日常生活にあまり支障をきたしていない場合は、特に治療が必要ないケースもあります。また長時間の立ち仕事をしていたり、同じ姿勢を取っていると、立ちくらみやめまいなどが見られる起立性低血圧の事例も大勢おられます。朝起きるのが辛いと感じたり、日常生活に支障をきたしている場合は、病院やクリニックを受診して、投薬などの治療を受ける必要があります。さらに甲状腺の病気や自律神経失調症などの持病を持たれている方は、ホルモン異常が見られることが多く、低血圧の原因になっている場合もあります。また中高年以降の人も体質が原因で、血圧が低めの事例も多いですが、持病を持たれている方は内服薬の副作用が原因で、血圧が低くなる場合があります。加えて、不整脈などの血管の病気が原因で、低血圧の症状に悩んでいる人が多いです。起立性の低血圧の場合は、当然目の前が暗くなってしまい、転倒をしてしまう可能性があるので、早めに病院で精密検査を受けて、適切な治療を受ける必要があります。また血圧は一日の中では、かなり変動をしているので、一時的に低くなっている場合は特に問題ない場合がほとんどです。病院で血圧を測定されて、気付く事例が多いですが、普段から家庭用の血圧測定器を購入しておき、自宅でも測定する習慣を付けると良いでしょう。この低血圧は比較的若い年代の人も、多い病気です。