エクステリアリフォームをしてさらに家の魅力を高めよう

エクステリアリフォームの魅力

エクステリアリフォームは、建物の外観をひきたたせるだけでなく、訪れる人の気分を心地よくしてくれます。サンルームやウッドデッキなど建物に密接したエクステリアリフォームは、生活の空間を広げてくれるだけでなく、住む人に快適さをもたらしてくれます。

人気のウッドデッキ素材ランキング

no.1

人気のウッドデッキ素材第1位は!

ウエスタン・レッドシダーです。軽量で加工しやすく耐久性・耐水性に優れていることから人気素材第1位となりました。天然木デッキ素材は耐久性はもちろんの事、自然との一体感も生まれ人気があります。

no.2

人気のウッドデッキ素材第2位は!

樹脂製(人工木材)デッキです。樹脂と木粉などを混ぜ合わせて成型した素材ですが、天然木でおこるヒビ割れやササくれを防いでくれます。人気の理由は、天然木よりも耐水性・耐久性が高くメンテナンスが楽な点です。

no.3

人気のウッドデッキ素材第3位は!

木目が美しく耐久性・耐腐朽性に優れた、イぺです。その特徴を生かし公共施設でもっともよく使用される天然木材です。公共施設で使用される場合は、より耐久性を高めるために防腐剤を注入したものがよく使われます。

エクステリアリフォームをしてさらに家の魅力を高めよう

エクステリア

エクステリアリフォームのメリット

エクステリアリフォームは、安全性と快適性が高まることがメリットです。外柵や門扉などのエクステリアリフォームは、外部から不審者の侵入を防いでくれるだけでなく、建物内を見られない目隠しの役目にもなります。サンルームやテラスなどは、天候が悪い場合などに洗濯物干し場として活用出来たり、紫外線や雨風にさらされたくないものを置くスペースにもなり便利です。

優良業者の見分け方

優良業者の見分け方としては、提案から施工までを自社で行っているところが良いです。下請けや孫請けが入るとどうしても中間マージンが発生してしまい、費用が高くなってしまします。また元請自体が職人とのつきあいが短いと、仕上がり面や工期も予測できない為、結果的にトラブルになりかねません。もし施工が自社でない場合は、職人と長年付き合いがあるとか、腕が良いなど明確に答えてくれる業者であれば安心です。

エクステリアにかかる費用の目安

エクステリアにかかる費用の目安としては、選んだ商品の定価を基準にすることです。例えば、自社工事の場合は工事費が比較的安くなり、下請けの場合は、どうしても工事費が高くなります。ところが商品は業者の取引経緯や経営方針によって、値引き率が違います。そうなると同じ商品の施工なのに料金が業者によってばらばらということになります。商品を決めて同じ施工を前提として、最低3社は見積もりをとることが懸命です。

エクステリアは自分でできる?

エクステリアリフォームによっては、自分でできるものもあります。ウッドデッキなど自分で組み立てることができるキットが、店頭やネットなどでも購入可能です。必要な工具や、組み立て方など分かりやすい説明書がついており、誰でも手軽に組みたてられるような工夫がしてあります。費用も少なく済みますし、初めての方でも安心して施工できます。

エクステリアと造園の違い

造園とは

自然にあるもの(木や石、土など)で自分の思ったように庭を造っていくというのが造園です。庭木を植えるだけでなく、剪定や木の植え替え、石の設置や散布などの作業も造園です。

エクステリアとは

エクステリアとは、人工的に加工したり成型したアルミなどの建材のことであり、カーポートやサンルーム、フェンスやテラスなどのことです。

広告募集中